• 仲間そして現場と
    みんなで協力するのが
    当社流。

  • 建築事業部
    課長

    原田 邦彦 Harada Kunihiko

    2010年入社

  • 経済学部 卒業

時には厳しくそして暖かく見守ってくれる先輩がいる。

前職はホームセンターで販売接客。まったくの畑違いでしたが、家づくりに興味があり当社へ転職を決意。入社後、3ヶ月間は先輩につき現場で覚える毎日でした。専門用語も飛び交う中で、メモ帳を片手に先輩が言う言葉一つ逃さないようにメモをし、現場から帰っては先輩から職人の方々の対応の仕方や仕事の進め方を教えていただきました。時には厳しく指導されることもありますが、若手を育てようという気持ちが伝わってきます。そういった人の温かさこそが、世古工務店の魅力だと思います。
私も今では4人の部下を持つ課長。どんな現場であっても、一人ひとりの力を結集して業務効率やパフォーマンスを向上させ、仕事の質をしっかりと保つことが大切です。そのために必要なのは仲間とのコミュニケーション。チーム全体の力をつけ、よりよい現場環境づくりに今後も取り組んでいきたいと考えています。

多くの失敗があるからこそ得られる達成感がある。

3ヶ月間の研修後から、徐々に案件を任されました。初めてのことなので右も左もわからず、最初は自分に務まるかどうか正直不安でした。目の前にある工程を進めることに精一杯で協力会社の職人の方々に迷惑をかけることも多く、実際、担当してからも毎日手探りの状態が続きましたね。
でも、分からないことがあるたび、すぐに上司や先輩に相談に乗ってもらっていました。先輩方は自分たちの仕事できっと忙しいにもかかわらず、いつも丁寧に親身になって相談に乗ってくれたんです。先輩方にアドバイスをいただきながら全ての工程を終えたときは達成感を味わうことはもちろんのこと、自分の成長を実感できました。
今でもそうですが、完成した建物を見たときには「この仕事を選んで良かった」、心からそう思います。

あなたのポテンシャルが最大限に生きる環境です。

建築現場において協力業者の職人の方々に対して直接指示を出し現場を動かしていく仕事です。だからこそ、何よりも共に働く仲間のことを考え行動できるかが大切だと考えています。
相手の気持ちに立ち物事を考えられる方であれば、入社後におのずと知識・経験は身についてきますよ。もちろん最初は何も分からない事ばかりで不安も多いと思いますが、少しの困難や問題が起きても諦めず何とか乗り越えてみせるという気概を持った方ならば活躍することができます。

1 DAY SCHEDULE

  • 08:30 出社

    朝の建築事業部でのミーティング。
    部下の1日の仕事予定を確認します。

  • 09:00 現場巡回

    1日2~4現場を巡回し協力会社、関係各所との打ち合わせを行います。

  • 12:00 昼食

  • 13:00 現場巡回
  • 16:00 帰社

    施工図確認を行い明日の準備をします。
    また、部下の業務確認をしアドバイスを行うことも。

  • 19:00 帰宅